大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > ユニットバスの定義とは

ユニットバスの定義とは


これまでにユニットバスという言葉を聞いたことがある、
という方も多いのではないでしょうか。

ユニットバスと聞くと、ホテルのイメージを思い出し、
お風呂とトイレが一緒になっている
と勘違いしている人が多いのですが、実は間違いなのです。


本来ユニットバスとは
壁・天井・床が一体になっている浴室のことを指します。

あらかじめ工場で成形したものを現場で組み立てるもので、
ホテルや病院、アパートなどで多く用いられます。

短時間で設置できる上に、水漏れが少ないといった利点があります。

昔のようにタイルを貼ったり、セメントを塗り固めたり
といった工程がありません。
価格的にも安く、
多くの集合住宅などに用いられる場合が多いのです。

それではなぜ、ユニットバスは
「お風呂とトイレの一体化になっているもの」
と勘違いしてしまうのでしょうか。

ホテルや集合住宅は、室内を広く確保するために
同じ水回りのお風呂とトイレを一緒にしている場合が多くありました。

そこからお風呂とトイレが一緒になっている浴室のことを
ユニットバスと呼ぶようになったと考えられているのです。

今は、組み立て式のお風呂の事をユニットバスと言います。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ