大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > ユニットバスと在来工法の違い

ユニットバスと在来工法の違い

 リフォームを考える人がどのような暮らし方をしたいのか?
しっかりとヒヤリングして、理想の住宅の提案をする事はとても大切で、
結果、使われる住宅資材も変わってきます。

その中の一つであるお風呂についてですが、
これをユニットバスにした場合、
ユニットバスは現場で組み立てるため、コストが抑えられます。

さらに、仕様や形は既に決まっているので、
カタログやメーカーのショップなどで
実際のものを見ることも触ることも出来ます。

また、ユニットバスは一体性が強いので、
防水性・保湿性に優れていることが
大きな特徴の一つだと言えるでしょう。


それに対して、在来工法は
1からデザインが可能であるために、
他とは違った、自分なりの
オリジナルバスルームを作り上げることができるのです。

例えば、壁一つをとってみても、
タイル張りにするか、その他のバスルーム用の素材を使うかを
選ぶことができて、タイル張りにした場合にも、
色や張り方を好きなようにレイアウトすることができるのです。

手すりなどの位置や数も思いのままに作れるのですから、

もしこだわりのある方は在来工法を使ってみることをおすすめします。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ