大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > ペニンシュラ型キッチンってどんなキッチン?

ペニンシュラ型キッチンってどんなキッチン?

最近は開放感のあるキッチンの人気が高まっています。 代表的なものはアイランド型とペニンシュラ型ですが、アイランド型はより広いスペースを必要とするので、マンションでも設置しやすいペニンシュラ型を選択する人が多いようです。 ペニンシュラは半島という意味ですが、その名の通りキッチンの左右どちらかが壁にくっついているものがペニンシュラ型キッチンです。 壁側にコンロを置く事が多く、その前に部分的に壁を作るケースもあります。 ペニンシュラ型にはいくつかデメリットがありますが、実は簡単な方法でそれらを解消することができます。 例えば、デメリットとしてコンロや換気扇がむき出しになってしまうことが挙げられます。 これは匂いがリビングに充満してしまうというデメリットもありますが、壁についていることを活かし目隠し的な壁を設置することで匂いの拡散を防ぐ事も可能です。 吊り戸棚を設置できないデメリットも作業をする側だけでなく、リビング側にも収納棚を作れば解消できますし、カウンターの奥行きを多めにとれば収納が多く取れるだけでなく、バーカウンターのように使用することもできます。 このようにデメリットと上手く付き合えば、開放感があるので複数で料理もしやすいですし、キッチンからリビングの様子もよく見渡せるといったメリットも沢山あるのです。 ペニンシュラ型キッチンの人気の高さも納得です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ