大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > バリアフリーリフォームで気を付けたい事

バリアフリーリフォームで気を付けたい事

今まで住んだ家を、身体が不自由になったり、高齢になったときでも住みやすくするためにバリアリフォームするという方法があります。 バリアリフォームは、段差をなくしたり、歩くときに膝や腰にかかる負担を最小限にするために手すりなどをつけます。 バリアリフォームをするときは、車いすで過ごす可能性も考えて、キッチンや洗面台の下にスペースを作るようにすると良いでしょう。 家事をするときに、車いすに座ると足部分がつかえてしまいますから、キッチンや洗面台の下にスペースを設けておくと、足がすっぽり入るので、台とお腹部分が近くなり作業がしやすくなります。 そして手すりの高さは、今使いやすいと思う高さではなく、車いすに座ったときの高さにしたり、高齢になると腰や背中が曲がってくることがあるので、今よりも低めの位置に手すりをつけておくと使いやすくなります。 部屋と部屋の段差や、部屋と廊下の段差だけでなく、玄関前と入った後の段差を無くすことを忘れずにリフォームを行いましょう。 トイレやお風呂は滑りやすいので、グリップ感のある手すりをつけると良いでしょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ