大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > カーペットに飲み物をこぼしてしまった時の対処法

カーペットに飲み物をこぼしてしまった時の対処法

 カーペットにジュースや食べ物をこぼしをして、急いでしみ抜きを行ったけれど、きれいに取ることが出来なかったということはありませんか。

シミが薄くなったからと言って、後回しにしてしまっては汚れが落ちなくなってしまいます。
カーペットに沁み込んでしまいそうなものは、とにかく急いで乾いたタオルを広げて、押し付けるようにして水分を吸収させていきます。
擦らないようにすることがポイントで、上から押し当てていきます。
水分が取れたら、きれいな水をかけて汚れを薄めていく方法が効率的です。
もしくは、糖分が含まれていない炭酸水だと汚れを浮き上がらせてくれるので、心強いですね。

繰り返して行うことで、汚れを薄くしていき、汚れを無くすことが出来るようになります。
もう落ちない、と諦めてしまうのではなく、根気強く行っていきましょう。
掃除機があれば、ものによっては強めに設定して、汚れを吸い取るという方法も良いことがありますよ。
仕上げは、塩をすり込んで15分ほど放置し、塩を取り除いて終わりです。

汚れをとるために必要な物と汚れのとり方を理解して、いざという時にも対処出来るようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ