大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOMEスタッフブログ > ウォークインクローゼットのデメリットとは

ウォークインクローゼットのデメリットとは

お洒落なウォークインクローゼットに憧れているという女性もいらっしゃると思います。 服や小物をたくさん持っている人だと、備え付きの収納家具だけでは足りないという経験をしたこともあるでしょう。 収納ボックスは何個も置いて置いても、見た目もあまり良くないし場所も取ってしまいます。 壁にすっきりと納まるシンプルなデザインが特徴の、ウォークインクローゼットは意外にたくさんのスペースを確保しなければいけません。 見た目は、場所を取っていないようなイメージがありますが、人が中で出し入れしたり、出入りするスペースが余分に必要なのです。 家が大きくないと確保するのが難しいでしょう。 また、細長いスペースなので湿気がこもり易いとも言えます。 クローゼットは、中に入っている服にカビが付かないように天気の良い日に扉を開けて空気の入れ替えをします。 ウォークインクローゼットは、奥の方の空気が循環しにくいです。 お気に入りのコートや靴がカビてしまうのは、絶対に避けたいことです。 実際にどんな感じか確かめると、自分の想像とどれくらい違うのかわかると思います。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ