大阪市でリフォームをするなら独自スタイルを追求する株式会社青山にお任せください。CGパースやパノラマ画像を見ていただき、「解りやすい」夢の空間をお見せします。是非体感しに青山ショールームへお越し下さい。ワンポイントリフォームも!
HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年12月7日
ノーリツイベントレポート

先日の12月3日・4日は 新大阪にある ノーリツショールームをお借りして

 

リフォーム相談会を開催しておりました。

 

給湯器や床暖房をはじめ、キッチン、洗面化粧台、お風呂とさまざまな

 

展示をしています。

 

中でも ガスコンロがとっても熱い!

 

主婦にとっていろんな調理方法があるガスコンロ魅力的です。

 

今回、実際にコンロを使って体験料理&試食を来場されたお客様へ

 

召し上がっていただきました。

 

まずは、ノーリツさんが事前に作ってくださった 手作りなめらかプリン。

 

材料をすべてまぜて、ガスコンロで5分蒸して、7分むらすだけ。

 

とっても簡単なのに、なめらかで おいしい プリンの出来上がり!

 

実際 頂いた感想は 売り物と変わらないくらい おいしい!

 

さらに、コーヒーも生の豆から煎ってくださいました。直火で煎られた豆のにおい。

 

ガスならではの贅沢だと思いました。煎りたて引き立てのコーヒーも堪能。

 

食パンはもちろん。おいしかったです。

 

新発売された “プログレ プラス”には ノーリツ初の冷凍食品メニューが搭載。

 

冷凍食品でもグリルを活用することで 焼きたてのおいしさになります。

 

調理もオートメニューなので、簡単で主婦の味方!

 

コンロが変わると料理が1品増えたという声も。

 

年末とくとくキャンペーンも実施中!ぜひこの機会にコンロの買い替え

 

見直されるのはいかがでしょうか?

2016年12月2日
設備搬入取付☆

 本日の現場。

設備の工事でした。キッチンとユニットバスが入りました。

水廻りがきれいになると気持ちいいですね。

キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか?レイアウトはどうするか?考えると楽しいです。

理想のキッチンができあがると、家事もはかどるような気がしますね。

ここから、クロス・照明も入って ドンドンお家らしくなっていきます。

青山は水廻りリフォームも得意です。後悔のないよう どんな相談もお聞きします。

お気軽にお問合せくださいませ。

 

フリーダイヤル:0120-566-540

2016年12月1日
久々の更新~現場へ行ってきました!

 ブログが久々の更新になってしまいました~。

今日は現場へ久々出かけました~!大工さんお手製の階段見てきました。

木が滑らかな手触りでとっても素敵。

階段を登ると隠れ家の様なロフトに。ロフトには堀つくえを造作。

写真を撮りたいと申し出たら 大工さん自ら堀つくえに座ってくれました!

ここで、本を読んだり、趣味の時間を過ごせます。

工事はまだまだ途中です。出来上がりが楽しみな現場でした。

2016年8月19日
屋根しっくいの工事!!

しっくいに苔も生えて、雨漏りの前兆です。

しっくいを塗り替えるだけでこんなに綺麗になりました。

これで雨漏りも安心ですね!!

石井でした。
2016年7月29日
シート防水
ビル屋上のシート防水工事が完成しました、すごく施主様に喜んでいただきました。暑い中職方の方々本当に有難うございました、感謝!感謝!!

これからは雨漏りに悩むことはありませんよ!!

外弁慶の石井でした。

2016年7月17日
クロス張替

本日は2階クロス工事が終わりそのまま3階のクロス工事が始まりました、大工工事も順調に進んでおります。完成まで後少しです職方の皆さん最後まで宜しくです。

内装も手掛けております、外弁慶でした。

外弁慶

2016年4月30日
4月29日から10日間GW リフォーム&新築相談会 開催中!

 こんにちは。青山ショールームです。

 

昨日からゴールデンウィークに入られた方もおられるのではないでしょうか?

 

当社では、リフォーム・新築の相談をしたくても普段は忙しくて

なかなか来店できないというお客様へゴールデンウィーク中、

 

毎年恒例のゴールデンウィーク リフォーム&新築相談会

 

4月29日(金)~5月8日(日)10日間連続で開催しています。

 

ご相談頂いたお客様へリフォームをするなら とっても為になる本。

そして、有効期限1年間 青山のメンバーズカードをプレゼントしています。

この機会にぜひお越しください!

 スタッフ一同 お待ちしております!

2016年3月12日
壁紙の替え時とは
壁紙は汚れていても、毎日見ているので気づいていないことも多いですが、一般的に10年前後で張り替えると良いとされています。 料理をすることで目に見えない細かい油が空気中に飛び、それが壁紙に付着することで黄ばんでいることがあります。 また見た目だけでなく、タバコや食べ物の臭いが染みついているので、部屋の中に臭いがこもってしまうことがあります。 10年周期で壁紙を張り替えるのを目安とすれば良いのですが、見るからに黄ばんでいることがわかったり、クロスの表面にカビが生える、傷や剥がれがひどいときは、なるべく早く張り替えをするようにします。 見栄えが悪くなるだけでなく、壁紙が部分的にはがれたりカビが生えたりすると、その下の内装材にまでダメージを与えてしまうことがあるからです。 下地が傷んでしまうと、下地の修繕をしなければならなくなり、大がかりな補修をするため出費も大きくなってしまうことがありますから、早めに替えましょう。 また、キッチンやトイレなどの水回りは傷みやすく、喫煙者がいる家ではさらに黄ばみが早くなるので、定期的に壁紙の張り替えが必要です。
2016年3月10日
ペニンシュラ型キッチンってどんなキッチン?
最近は開放感のあるキッチンの人気が高まっています。 代表的なものはアイランド型とペニンシュラ型ですが、アイランド型はより広いスペースを必要とするので、マンションでも設置しやすいペニンシュラ型を選択する人が多いようです。 ペニンシュラは半島という意味ですが、その名の通りキッチンの左右どちらかが壁にくっついているものがペニンシュラ型キッチンです。 壁側にコンロを置く事が多く、その前に部分的に壁を作るケースもあります。 ペニンシュラ型にはいくつかデメリットがありますが、実は簡単な方法でそれらを解消することができます。 例えば、デメリットとしてコンロや換気扇がむき出しになってしまうことが挙げられます。 これは匂いがリビングに充満してしまうというデメリットもありますが、壁についていることを活かし目隠し的な壁を設置することで匂いの拡散を防ぐ事も可能です。 吊り戸棚を設置できないデメリットも作業をする側だけでなく、リビング側にも収納棚を作れば解消できますし、カウンターの奥行きを多めにとれば収納が多く取れるだけでなく、バーカウンターのように使用することもできます。 このようにデメリットと上手く付き合えば、開放感があるので複数で料理もしやすいですし、キッチンからリビングの様子もよく見渡せるといったメリットも沢山あるのです。 ペニンシュラ型キッチンの人気の高さも納得です。
2016年3月8日
外壁をツートンカラーにしてみませんか?
家の外壁は、家の印象を決める一番大きな要素です。 でも、ついつい無難な色にしてしまいがちで、平凡なだけになってしまうことも。 それではつまらない、他の家とは少し違うおしゃれな印象を持たせたい、そんなときは、外壁をツートンカラーにしてみるのはどうでしょうか。 何色と何色を組み合わせれば良いのか、迷う方もいらっしゃるかと思います。 そこで、今回はいくつか簡単なコツをご紹介したいと思います。 色の組み合わせは、一方をベージュやグレーなどの合わせやすい色にするのがコツです。 ベージュやグレーは、主張しすぎませんから、家の印象が浮き上がりすぎるのを避けることができます。 ベージュは、主に黄みを帯びた色と合い、グレーは、青みを帯びた色と合います。 お好みの色がどちらなのかによって選んでみてはいかがでしょうか。 また、色をどのように塗り分けるかについてですが、5:5で区切るのではなく、6:4や7:3というように、二色の分量を等分ではなく塗り分けた方が、より洗練された印象になります。 また、窓の周りだけ色を変えても、個性的な感じを演出することができます。 是非、一度参考にしていただければと思います。
2016年3月6日
照明の色によって雰囲気がかわります
照明の色を変えるだけで、お部屋の印象はガラリと変わります。 色といっても、LEDやイルミネーション、カラー付きのガラスの照明カバーを利用するのではなく、もっと手軽な方法があります。 実は、蛍光灯の明かりにも3種類の色があることをご存知ですか? 昼光色、昼白色、電球色の3種類があります。 昼光色は少し青みがかった白い明かりです。 昼光色は白い光で、一番自然光に近い明かりです。 電球色は黄色がかった明かりで、電球の明かりに近い色味です。 昼光色は爽やかな雰囲気になります。 お部屋がはっきりくっきり見える色で、仕事や勉強など、集中したい時にもピッタリです。 電球色は和室に合う光です。 落ち着いた雰囲気になる明かりが和室にマッチします。 また、この色味は目に刺さらないので、神経に障ることなく、眠気を遮ることもありませんので、夕食後の団欒にピッタリです。 ゆったりした雰囲気になります。 昼白色はその中間、活動しやすい色とも言えます。 余計な色味が付かないので、家事をする時にはピッタリです。 勉強部屋や書斎には昼光色を、家事をするなら昼白色を、リビングやダイニングには電球色を取り入れると、お部屋の目的にあった雰囲気になります。
2016年3月4日
ペットが暮らしやすい家とは?
現在ではペットブームとなっていることから、実際に多くの方々がペットを飼育しています。 古い時代では犬などの場合では屋外で飼育することが当然のように行われていましたが、現在では大型犬でも屋内で飼育されている方が増えています。 そのため、ペットが暮らしやすい家を目指す方法も用意されるようになりました。 実際にどのような家が適しているのか判断できない方もいるでしょう。 ですので、今回はペットが暮らしやすい家のポイントを一つご紹介したいと思います。 ポイントの一つとして床を挙げることができます。 現在ではフローリングに設定された住宅が増えているものですが、ペットは爪が伸びているので、フローリングは滑りやすい傾向にあり、本来であれば相応しいものではありません。 ずっとフローリングで暮らしていると、関節が悪くなったり、脱臼してしまうような事例もあることから、何かしらの対策を行うことも推奨されています。 例えば絨毯を敷いたり、自然素材の滑りにくい素材として、コルクなどを敷きつめることもでき、ペットにとって最適な環境作りを行う方法で、飼育を長期的に安心して行うことができます。 他にトイレや水飲み場、足を洗う場所などを設ける方法で、充実した家に仕上げることができるでしょう。
2016年3月3日
春のリフォーム相談会 3月5日(土)6日(日)開催!

今週末 3月5日(土)・6日(日)

 

のリフォーム相談会

 

をTOTO梅田ショールームと青山ショールームで同時開催致します。

 

TOTO梅田ショールームでは知っているようで知らなかったあんな事やこんな事、

最新の実機をご覧いただき、収納の活用術、実機の機能をわかりやすく勉強できるツアーなど

 

イベント満載!

 

青山のショールームでは昨年9月にリニューアルオープンしたばかり。

リフォームをお考えの方は参考になるアイデアがいっぱいの展示品をご覧頂けます。

来場頂いた方には2016年8月までご利用頂ける

 

「リフォーム工事券」

 

をさしあげます!

ぜひ、この機会にお越しくださいませ。

 

イベントのお問い合わせは当社フリーダイヤルへ

 

0120-566-540

 

 お気軽にお電話ください。

2016年3月2日
二世帯住宅で気をつけたいこと
結婚しても子どもの面倒を見てもらうことができたり、ローンが組みやすくなるという理由から、親世帯と一緒に住む二世帯住宅を選ぶ人が増えています。 一緒に住むことでたくさんのメリットがありますが、気を付けておきたいことがいくつかあります。 その1つが、何を共同で使って何を別で使うかをあらかじめ話し合っておくことが大事です。 親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、お互い適当な距離を置いて生活すると仲良く暮らすことができます。 共有スペースにある家電はもちろん、郵便受けや玄関も別にする場合もあります。 光熱費を二世帯分けることもできます。 また、一階と二階でわける場合、一階の寝室の上に当たるところは静かな部屋にしておくようにします。 一階の寝室の上を子供部屋や浴槽などにすると水の流れる音や、ドタバタと足音がうるさいので、睡眠に支障をきたす恐れもあります。 家族団らんで過ごすリビングは分けた方がプライベートを充実できるのです。 特に義理両親と二世帯住宅にする場合は、どうしても気を使ってしまいがちなので、ゆっくり休める場所を確保しておくと良いでしょう。
2016年2月29日
バリアフリーリフォームで気を付けたい事
今まで住んだ家を、身体が不自由になったり、高齢になったときでも住みやすくするためにバリアリフォームするという方法があります。 バリアリフォームは、段差をなくしたり、歩くときに膝や腰にかかる負担を最小限にするために手すりなどをつけます。 バリアリフォームをするときは、車いすで過ごす可能性も考えて、キッチンや洗面台の下にスペースを作るようにすると良いでしょう。 家事をするときに、車いすに座ると足部分がつかえてしまいますから、キッチンや洗面台の下にスペースを設けておくと、足がすっぽり入るので、台とお腹部分が近くなり作業がしやすくなります。 そして手すりの高さは、今使いやすいと思う高さではなく、車いすに座ったときの高さにしたり、高齢になると腰や背中が曲がってくることがあるので、今よりも低めの位置に手すりをつけておくと使いやすくなります。 部屋と部屋の段差や、部屋と廊下の段差だけでなく、玄関前と入った後の段差を無くすことを忘れずにリフォームを行いましょう。 トイレやお風呂は滑りやすいので、グリップ感のある手すりをつけると良いでしょう。
1 / 161234510...最後 »

ページトップへ